×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2002年、主人が仕事の関係で、栃木県の苺農家へ視察に行ったときに
苺の苗を3株頂いてきました。
伸びてきたランナー(ツル)の先に出てきた根と葉を、ポットの土の上に
のせてしばらく置いておくだけで根が張り、子株を作る事が出来ます。
根が定着したら、ランナーから切り離して独立させます。
3年目には、最初3株だった親株から、何十株と増え、学校の花壇に寄付したり
人にあげたり出来るようになりました。
品種は「栃おとめ」です。


2003年 11月
いちごの花

花が咲き、ミツバチが受粉してくれます。
ミツバチのいないところでは、はけ等を使って
花粉のところを優しくなでて、人工授粉させなければ
いちごの実が出来ないらしいです。
家では自然にいちごが出来ているので、ミツバチが
来ているということでしょうか?
花が咲いた後に、いちごが出来て来ました。
どんどん膨らんできます。
うっすらと赤く色づいてきました。
かなり立派な大きさに膨らんでいます。
いちごの収穫時期です。
美味しそうでしょ?
大きさはまばらですが
とても甘くて、美味しい苺になりました。
2004年 9月
あちこちに植えていた苺の苗を
大きなコンテナに一まとめに植え替えた。
10月24日
今年も花が咲きはじめました。
2005年2月25日
寒さがまだまだ厳しく、雪も昨晩ふりました。
根元から、新しい葉が見えてきています。
2005年4月14日
花が沢山咲き始めました。
まだまだ寒い日が多いけれど、苺は元気。
2005年 5月4日
先月咲いた花が、実になり始めました。
昨年より、沢山の実をつけてます。

戻る