×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今回は、難易度の高いフランス菓子、マカロンに挑戦です。
売っているマカロンとは、ほど遠い出来ばえでしたが、チャレンジ精神だけ買ってくださいまし。

マカロン
材料

純アーモンドパウダー 70g
純粉砂糖  100g


(メレンゲ用) 卵白 50g
純粉砂糖  20g
バニラエッセンス 2滴
(生地に色をつけたい場合は、食紅を少々)


中にはさむ バタークリームやジャムなどお好みで
下準備

オーブン余熱は、200度

絞り出し袋は、丸い口金に。

アーモンドパウダー70gと粉砂糖100gを合わせて
ふるいに2,3回かけておく。使用までは冷凍庫で保管。
作り方
@メレンゲを作ります。
ボールに卵白えお入れて、ハンドミキサーで、五分立てする。
粉砂糖を10gづつ分けていれ、更に泡立てる。
この位まで、しっかり腰のあるメレンゲに仕上げる。
最後にバニラエッセンスを一滴入れてメレンゲの完成。
色をつけたい時は、バニラエッセンスの代わりに
食紅をほんの少しの水で溶いたものを、色の様子を見ながら
メレンゲに混ぜる。この時、食紅の水水分が多いと、せっかく
のメレンゲの腰がゆるくなってしまうので、注意。
Aパウダー類を混ぜ込んで、生地を完成させます。
完成したメレンゲに、アーモンドパウダーと粉砂糖を
ふるって置いたものを、一度に入れる。
少し生地の泡を潰すように混ぜると良いが、混ぜすぎると
生地が柔らかくなりすぎるので注意。
マカロンの生地の良し悪しは、ここで決まると思う。
後で搾り出したときに、だらーっと流れる様だと、柔すぎ。
膨らみ具合もかなり違ってくる。
生地の出来ばえで、焼き上がりが、割れたようになって
しまう場合もあり。
難易度高し。
これは食紅を入れたもの。
すこし柔らかい。
これは、パンプキンパウダーを入れてみた。
色は焼くと茶色くなるだけで、黄色くはならない。
ウコンなど入れてもいいかも。
B天板に絞り出します。 Cオーブンで焼き上げます。
オーブンの温度も、かなりのポイントかも。

最初は200度で4分。
ここで焦げ目がついてしまうようだと、時間が多すぎ。
かといって、温度を下げて焼くと後々膨らまなくなる。

4分焼いたら、温度を140度に下げて、7分焼く。
膨らみ加減で調節。

空焼き、3分。



この焼き時間は、オーブンによってかなり違うかも。
何回か焼いてみて、この温度と時間が、1番上手く
膨らんで焼きあがった。
でも、上手くやれば、もう少し膨らみが出来たかも?
絞り袋に生地を入れ、2センチ位に搾り出す。
すぐに少し自然に生地が広がって来るので
スペースを開けて、搾り出す。
搾り出したら、表面を乾燥させる。
30分位経つと,表面が乾くので、それまでオーブンの余熱を
しておく。
ピンク色の生地。
D焼き上がり Eクリームなどをのせて、挟みます。
円周にギザギザが出来て、表面が丸く膨らみ
まあまあかな?
お手製のバタークリームをのせる。 お手製のブルーベリークリームをのせる。
Fジャムなどを、はさんでもいいですね。 Gマカロンの完成
市販のいちごジャム、ブルーベリージャムをのせる。 同じ位の大きさに焼けたマカロンと上手く組み合わせ
はさんで、完成!
 
一つ、試食したら、美味しいこと!
クッキーでも無し。ケーキでも無い、何ともいえない
口当たり。口の中に入れると、じゅわ〜っととろけていく様。
かなり、難しいけど、チャレンジしてみる価値大のお菓子。

次回は、もっと形をよくするぞー。
少し、亀裂が入ってしまったのもあり。
でも、まあいいか。味は同じですよ。
お菓子の空き箱とかに入れると、可愛いです。
1日冷蔵庫で寝かすと、さらにグー。