×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イカの塩辛
刺身用のイカを用意。

必ず新鮮な物を使用する。


こちらはするめイカで、購入後いち早く調理する。
胴体から静かに頭を抜き、その時に
ワタ袋を破かないように取り出す。

袋の回りの余分な物(墨袋や内臓物)を綺麗にして
回りを洗い落す。

容器に少々のお酒を回しいれる。

ワタ袋の中身を袋に少し切り込みを入れて
絞り出す。

酒大さじ2〜3杯(ゆるさはお好みで加減)

塩小さじ2(ワタの量により加減)

隠し味にお砂糖一つまみ。

よく混ぜながら、滑らかにする。

袋などの筋などはこのときに取り除く。
イカの処理をする。

頭と足を切りはなし、足の吸盤を少しこそげ落す。

4センチくらいの長さに切っておく。

水分を拭き取り、お酒を軽く振っておく。
エンペラは使用しない。

イカを開き、骨やはらわたを綺麗に取り去る。



皮をむき、水分を拭きとってからお酒を振っておく。
身をスライスする。
大きさは好みで。

切る方向は縦向きに。(長い辺)

足と同じ長さに切り分ける。
ワタにイカを入れてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫に
2日ほど寝かす。(当日でも食べられる)

作ってから1週間で食べきるようにする。
(保存料はいれていないので、なるべくお早めに))
今回使用したお酒です。

お料理しま専科に戻る